행위

Analects

red

목차

「學而」 AP01


一章 AC0101

발화 AU01010

子曰, “學而時習之, 不亦說乎. 有朋, 自遠方來, 不亦樂乎. 人不知而不慍, 不亦君子乎.”

구절 AV010101

學而時習之, 不亦說乎.

구절 AV010102

有朋, 自遠方來, 不亦樂乎.

구절 AV010103

人不知而不慍, 不亦君子乎.

주석

『論語集註』 「學而」 一章
『論語精義』 「學而」 一章
『論語或問』 「學而」 一章
『論語古義』 「學而」 一章
『論語古今注』 「學而」 一章



二章 AC0102


발화 AU01020

有子曰 , “其爲人也, 孝弟, 而好犯上者, 鮮矣. 不好犯上, 而好作亂者, 未之有也. 君子務本, 本立而道生, 孝弟也者, 其爲仁之本與.”

구절 AV010201

其爲人也, 孝弟, 而好犯上者, 鮮矣.

구절 AV010202

不好犯上, 而好作亂者, 未之有也.

구절 AV010203

君子務本, 本立而道生, 孝弟也者, 其爲仁之本與.

주석

『論語集註』 「學而」 二章
『論語精義』 「學而」 二章
『論語或問』 「學而」 二章
『論語古義』 「學而」 二章
『論語古今注』 「學而」 二章



三章 AC0103


발화 AU01030

子曰 , “巧言令色, 鮮矣仁.”

구절 AV010300

巧言令色, 鮮矣仁.

주석

『論語集註』 「學而」 三章
『論語精義』 「學而」 三章
『論語或問』 「學而」 三章
『論語古義』 「學而」 三章
『論語古今注』 「學而」 三章



四章 AC0104


발화 AU01040

曾子曰, “吾日三省吾身, 爲人謀而不忠乎, 與朋友交而不信乎, 傳不習乎.”

구절 AV010401

吾日三省吾身.

구절 AV010402

爲人謀而不忠乎.

구절 AV010403

與朋友交而不信乎.

구절 AV010404

傳不習乎.
-해석1: 남에게서 전수 받은 것을 익히지 못했는가?
-해석2: 남에게 전한 것을 익히지 않고 있는가?
-해석3: 익히지 못한 것을 남에게 전하고 있는가?



주석

『論語集註』 「學而」 四章
『論語精義』 「學而」 四章
『論語或問』 「學而」 四章
『論語古義』 「學而」 四章
『論語古今注』 「學而」 四章



五章 AC0105


발화 AU01050

子曰, “道千乘之國, 敬事而信, 節用而愛人, 使民以時.”

구절 AV010501

道千乘之國.

구절 AV010502

敬事而信.

구절 AV010503

節用而愛人.

구절 AV010504

使民以時.

주석

『論語集註』 「學而」 五章
『論語精義』 「學而」 五章
『論語或問』 「學而」 五章
『論語古義』 「學而」 五章
『論語古今注』 「學而」 五章



六章 AC0106


발화 AU01060

子曰, “弟子, 入則孝, 出則弟, 謹而信, 汎愛衆, 而親仁, 行有餘力, 則以學文.”

구절 AV010601

入則孝出則弟.

구절 AV010602

謹而信.

구절 AV010603

汎愛衆而親仁.

구절 AV010604

行有餘力則以學文.

주석

『論語集註』 「學而」 六章
『論語精義』 「學而」 六章
『論語或問』 「學而」 六章
『論語古義』 「學而」 六章
『論語古今注』 「學而」 六章



七章 AC0107


발화 AU01070

子夏曰, “賢賢, 易色, 事父母, 能竭其力, 事君, 能致其身, 與朋友交, 言而有信, 雖曰未學, 吾必謂之學矣.”

구절 AV010701

賢賢, 易色.

구절 AV010702

事父母, 能竭其力.

구절 AV010703

事君, 能致其身.

구절 AV010704

與朋友交, 言而有信.

구절 AV010705

雖曰未學, 吾必謂之學矣.

주석

『論語集註』 「學而」 七章
『論語精義』 「學而」 七章
『論語或問』 「學而」 七章
『論語古義』 「學而」 七章
『論語古今注』 「學而」 七章



八章 AC0108


발화 AU01080

子曰, “ 君子, 不重則不威, 學則不固. 主忠信, 無友不如己者, 過則勿憚改.”

구절 AV010801

君子, 不重則不威, 學則不固.

구절 AV010802

主忠信.

구절 AV010803

無友不如己者.

구절 AV010804

過則勿憚改.

주석

『論語集註』 「學而」 八章
『論語精義』 「學而」 八章
『論語或問』 「學而」 八章
『論語古義』 「學而」 八章
『論語古今注』 「學而」 八章



九章 AC0109


발화 AU01090

曾子曰, “愼終追遠, 民德歸厚矣.”

구절 AV010901

愼終追遠.

구절 AV010902

民德歸厚.

주석

『論語集註』 「學而」 九章
『論語精義』 「學而」 九章
『論語或問』 「學而」 九章
『論語古義』 「學而」 九章
『論語古今注』 「學而」 九章



十章 AC0110


발화 AU01100

子禽問於子貢曰, “夫子, 至於是邦也, 必聞其政, 求之與, 抑與之與.”
子貢曰, “夫子, 溫良恭儉讓以得之, 夫子之求之也, 其諸異乎人之求之與.”

구절 AV011001

夫子, 至於是邦也, 必聞其政, 求之與, 抑與之與.

구절 AV011002

夫子, 溫良恭儉讓以得之.

구절 AV011003

夫子之求之也, 其諸異乎人之求之與.

주석

『論語集註』 「學而」 十章
『論語精義』 「學而」 十章
『論語或問』 「學而」 十章
『論語古義』 「學而」 十章
『論語古今注』 「學而」 十章



十一章 AC0111


발화 AU01110

子曰, “父在, 觀其志, 父沒, 觀其行, 三年, 無改於父之道, 可謂孝矣.”

구절 AV011101

父在, 觀其志

구절 AV011102

父沒, 觀其行

구절 AV011103

三年, 無改於父之道, 可謂孝

주석

『論語集註』 「學而」 十一章
『論語精義』 「學而」 十一章
『論語或問』 「學而」 十一章
『論語古義』 「學而」 十一章
『論語古今注』 「學而」 十一章



十二章 AC0112


발화 AU01120

有子曰, “禮之用, 和爲貴, 先王之道, 斯爲美, 小大由之. 有所不行, 知和而和. 不以禮節之, 亦不可行也.”

구절 AV011201

禮之用, 和爲貴

구절 AV011202

先王之道, 斯爲美, 小大由之

구절 AV011203

有所不行, 知和而和, 不以禮節之, 亦不可行也

주석

『論語集註』 「學而」 十二章
『論語精義』 「學而」 十二章
『論語或問』 「學而」 十二章
『論語古義』 「學而」 十二章
『論語古今注』 「學而」 十二章



十三章 AC0113


발화 AU01130

有子曰, “信近於義, 言可復也, 恭近於禮, 遠恥辱也, 因不失其親, 亦可宗也.”

구절 AV011301

信近於義, 言可復也

구절 AV011302

恭近於禮, 遠恥辱也

구절 AV011303

因不失其親, 亦可宗也

주석

『論語集註』 「學而」 十三章
『論語精義』 「學而」 十三章
『論語或問』 「學而」 十三章
『論語古義』 「學而」 十三章
『論語古今注』 「學而」 十三章



十四章 AC0114


발화 AU01140

子曰, “君子, 食無求飽, 居無求安, 敏於事而愼於言, 就有道而正焉, 可謂好學也已.”

구절 AV011401

君子, 食無求飽, 居無求安

구절 AV011402

敏於事而愼於言

구절 AV011403

就有道而正焉

구절 AV011404

可謂好學也已

주석

『論語集註』 「學而」 十四章
『論語精義』 「學而」 十四章
『論語或問』 「學而」 十四章
『論語古義』 「學而」 十四章
『論語古今注』 「學而」 十四章



十五章 AC0115


발화 AU01151

子貢曰, “貧而無諂, 富而無驕, 何如?”

구절 AV011511

貧而無諂

구절 AV011512

富而無驕

발화 AU01152

子曰, “可也, 未若貧而樂, 富而好禮者也.”

구절 AV011521

貧而樂

구절 AV011522

富而好禮

발화 AU01153

子貢曰, “詩云, 如切如磋, 如琢如磨, 其斯之謂與?”

구절 AV011531

如切如磋

구절 AV011532

如琢如磨

발화 AU01154

子曰, “賜也, 始可與言詩已矣. 告諸往而知來者.”

구절 AV011541

賜也, 始可與言詩已矣

구절 AV011542

告諸往而知來者

주석

『論語集註』 「學而」 十五章
『論語精義』 「學而」 十五章
『論語或問』 「學而」 十五章
『論語古義』 「學而」 十五章
『論語古今注』 「學而」 十五章



十六章 AC0116


발화 AU01160

子曰, “不患人之不己知, 患不知人也.”

구절 AV011601

不患人之不己知

구절 AV011602

患不知人也

주석

『論語集註』 「學而」 十六章
『論語精義』 「學而」 十六章
『論語或問』 「學而」 十六章
『論語古義』 「學而」 十六章
『論語古今注』 「學而」 十六章



「爲政」 AP02


一章 AC0201

발화 AU02010

子曰, “爲政以德, 譬如北辰居其所, 而衆星共之.”

구절 AV020101

爲政以德

구절 AV020102

北辰居其所而衆星共之

주석

『論語集註』 「爲政」 一章
『論語精義』 「爲政」 一章
『論語或問』 「爲政」 一章
『論語古義』 「爲政」 一章
『論語古今注』 「爲政」 一章



「八佾」 AP03


「里仁」 AP04


「公冶長」 AP05


「雍也」 AP06


「述而」 AP07


「泰伯」 AP08


「子罕」 AP09


「鄕黨」 AP10


「子張」 AP19


六章 AC1906


발화 AU19060

子夏曰, “博學而篤志, 切問而近思, 仁在其中矣.”

구절 AV190601

博學而篤志.

구절 AV190602

切問而近思.

구절 AV190602

仁在其中.

주석

『論語集註』 「子張」 六章
『論語精義』 「子張」 六章
『論語或問』 「子張」 六章
『論語古義』 「子張」 六章
『論語古今注』 「子張」 六章




데이터


Ontology

Class

Part, 편(논어)
Chapter, 장(논어)
Description, 기술(논어)
Utterance, 발화(논어)
Verse, 구절(논어)


Commentary, 주석
  • 설명: 『논어』 관련 주석 문헌
  • 예시: 『論語集註』, 『論語精義』, 『論語或問』, 『論語古義』, 『論語古今注』 등
CPart, 편(주석)
CChapter, 장(주석)
CSection, 절(주석)


Quotation, 인용
  • 설명: 『논어』 관련 주석에서의 인용 문헌
  • 예시: 『孟子』, 『書經』, 『易經』, 『禮記』 등
QPart, 편(인용)
QChapter, 장(인용)
QSection, 절(인용)
QPhrase, 구(인용)



Word, 단어
Character, 문자
Concept, 개념
Person, 인물



Relation


태그

인용 태그


인용

『논어』 주석 인용 문헌

주석